2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

動物写真家

シアトルにもそろそろ暖かい風が吹くようになって、庭にくる野鳥達も歌をうたってガールハントしまくりの我が家です。

しかし野鳥を撮るのは至難の業。あちゃこちゃ動き回るのでカメラ構えて、こっちが目が回ってしまいます。むずかしい、、、。

が、なんと 激写 してしまいました。うふふ。
シアトルに住む Stellar Jay ステラーカケスくんの「蟻風呂」です。
327102.jpg

これ、瀕死の状態じゃないからね。おそらく蟻が来るのを羽広げて待ってるんだと思います。
うちの庭の土は砂地で、蜘蛛や蟻がやたらいますから、よく鳥達が「砂風呂」や「蟻風呂」を楽しんでいる所を見ます。(もちろん近所の猫も。はばかりとして利用)

動物の行動をよく見ていると、ほんとおもしろいものがありますね。

わたしは、特に「鳥のプロポーズ」が大好きでいろんなダンスを踊っている鳥をいつか見てみたいと思ってます。
まずは、この方、、、パプアニューギニア出身フウチョウの仲間です。


あぁ~バレリーナくんかわいいなぁ~。パプアニューギニア行きたい!

それからこんなダンサーもいますよ。マイコージャクソンもびっくり!(後半のマニキンくんに注目!)
南米出身の Manikin マニキンバード。
 

子供の頃「野生の王国」をかかさず見てました。
アメリカに来て、Discovery Channelや NationalGeographicなどの自然番組を見ていますが、
中でも好きなのは、 BBC David Attenborough の番組です。アッテンボロー、このおじい、おもしろいです。

いろんな世界へ行ってかっこいい動物写真も撮ってみたいですね。
写真撮るのヘタだけど、、、
こうやって黄色い枠つけると、、、あの雑誌みたいでしょ。
327101.jpg
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:48 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国民保健とかぶせ物

昨日、アメリカの下院議会で「医療改革法案」が可決されました。

きゃー、ホントに可決されちゃったのね。

アメリカは先進国では稀な「国民保健」のない国であり、みんな勝手に民間の保健会社に加入しています。(非常に高い!)
保健があっても医療費がとっても高い!のです。

だから今この不景気の中、5人のうち2人が加入していないと言われています。

32202.jpg

そして、とても理不尽なルールがたくさんあります。

例えば、わたし以前歯の「根幹治療」をしました。あの神経を抜くというやつ、、、。
で、その後クラウン(かぶせ物)がいると言うことで、近くの歯医者に行った所、クラウンは今やるとあなたの保健は使えないと言われました。

はっ?わたしちゃんと個人の保健入ってますけど?何言ってんのこのおばちゃん?(あっ、受付のおばはんね)

そしたら あなた、保健今年になって変えたでしょ?保健を使ってクラウンしたかったら1年以上たたないと保健は利用できないのよっ ですって。

はぁ~?確かに今年から違う保健会社に変えたけど、毎月$500(約5万円)も一人の為に支払って保険が使えんとは?はぁ~?

なんちゅうー国じゃ!
国民は国家の財産でしょ!
322101_20100323020512.jpg

今年、めでたくクラウンをかぶせに行く予定ですが、それでも$500かかります。(保健が使えても$500)
日本ってそんなにかからないですよね。きっと。

だから、このわけわからん保健会社の為に命を落とす人もたくさんいます。
医療費の為に破産する人もいます。
詳しくは、3年前に流行った映画マイケルムーアの
Sicko をご覧ください。

しかし、国民保健になるのはいいけど、この国、一体どんだけメタボ人口が多いのか。
自己管理してない人が多すぎる。
そして、税金も跳ね上がる、、。

322102.jpg

そして、わたしのクラウンは「もうちょっと待てば、国民保健が使えて安くなる?」なんていやらし事を考えているわたしでした。

| 未分類 | 02:26 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜の話

シアトル、曇りときどき晴れ
気温8.4度、湿度55%
肌寒い春です。

暖冬だったシアトルに寒の戻りが来たのか、それをまんまと受けて風邪を引いているばか者がいます。
で、そんなばか者(夫)から風邪をうつされて「ゴホッ」のわたくしであります。

しかし、ソメイヨシノがもう咲いちゃっているという情報で「ゴホッゴホッ」の中、見に行ってきました。

314101.jpg

「毎年、毎年よく同じ桜、見に行くねー」とばか者(夫)に言われつつも「桜なくして春は来ん!」と毎年同じ桜の写真を撮っています。
ここは、ワシントン大学のキャンパスにある「ソメイヨシノ」です。
あぁ~やっぱり綺麗だわ~。
314102.jpg

元々桜はお百姓さんが、農作物の豊凶を知るための目安として植えられたのが始まりです。
桜は天候にとても敏感な樹でもあり、日本自生種である山桜を集落に植えたのがお花見の始まりだと聞いています。

ソメイヨシノは、江戸時代に人の手によって作られた改良種。
だから、いわゆる接ぎ木で増やしてゆくクローンみたいな樹なんですよ。
314103.jpg

花を咲かせるのを目的に作られた品種なので、さくらんぼできませんよね。
戦中、「兵隊さんを送り出す」為に日本各地たくさんのソメイヨシノが植えられました。
戦地で「潔く散る」という意味も込められていると聞くと、華やかな桜も物悲しく見えてしまいますね。
314106_20100315042338.jpg

日本では、桜にまつわる話がたくさんあります。
サクラの「サ」は、神という意味もあり、「クラ」は家。
神さんが宿っている樹をいう意味もあり、昔からサクラは日本人にとって特別な存在でした。

時を越えて国を超えて、サクラの魅力に取り付かれるわたし達です。
シアトルにあるソメイヨシノもそろそろご高齢なお年頃ですが、毎年人種を問わずたくさんの人々の心を楽しませてくれています。
314104.jpg

| 未分類 | 04:33 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毛の話

伸びた毛をどうにかしたかったので、髪の毛を切りに行きました。

日本では、なんだか若い女子の間で「森ガール」なんてかわいいファッションが流行っているそうですね。
春らしくフワフワカールにしてみようかな、、、なんて思い「中年森ガール」を目指してパーマをかけました。

そしたら、森ガールとはほど遠い「坂本龍馬」になってしまいました。
もう、いいです、明治維新に生きるぜよ。

この方も今、毛が抜けて抜けてみんなに迷惑をかけてます。

311102.jpg

あっいえ、文句ないです。
文句ないけど、むしらせてぇ~。
あのボロボロのおいどを見ていると、ついついむしっちゃいますね。

311103.jpg

そうそう、昨日散歩してたらポメラニアンを飼っている人の庭に「あれ?柴犬の子?」という犬、発見。
こっち向いてワンワン吠えていたけど、ぷっ!ポメ、短く刈られてら!

柴犬カットのようです。ぷっ、かわいい。
アメリカでは、柴犬カットなんてないからきっと飼い主から「五分刈りにしてくれ」と頼まれたトリマーの人が刈ったのかしら、、、。
わたしは、このポメの「柴犬カット」が好きです。お手入れ簡単柴犬カット

そうやって見てみると、あんたの毛、伸びないし、手入れなしだし、いい髪形だよね。
311101.jpg

| 未分類 | 03:11 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリンピック公式新種目

いやぁ~、バンクーバーオリンピックが遂に終わっちゃいましたね~。
日本の選手もよくがんばった!
インタビューで泣いていた浅田真央ちゃん、がんばったですよー。

わたしはアメリカにいても、やっぱり日本人を応援してしまいます。
アメリカって大きい国で、オリンピックもいつもたくさんのメダルを取るので、あんまり応援のしがいがありません。

でも、アメリカ人の中でも「日本人の血」が入っている人には「がんばれー」と言ってしまいます。
今回だったら、アメリカスピードスケートのアポロ オノ。(お父さんは日本人でシアトルで床屋さん)

「オノさぁ~ん!がんばれぇ~」と応援していました。そして横にいる若手選手セルスキー。
彼も「シアトル出身」なので応援することにしました。(動機がとっても不純です)
j-r-celski-apolo-anton-ohno-travis-jayner-2009-9-11-23-41-5.jpg

あっ、それからフィギアスケートの長洲未来ちゃん(ご両親はおすし屋さん)とアイスダンスのリード姉弟にも「がんばれぇ~」と応援します。

アメリカでは、なんと言ってもアイスホッケーの試合が盛り上がりを見せました。アメリカ・カナダは普段同じプロリーグの中で戦っている選手達が、今回は国対抗で分かれての試合です。
アメリカ、負けちゃったけどね。

アメリカ・カナダって不思議な関係なんですよ。
アメリカプロ野球のチームの中に、一緒に便乗して「トロントブルージェイズ」とチームがあったり、同じくプロのアイスホッケーでもカナダのチームも便乗してやってます。

「?」そんな安易な分け方でいいの?って感じです。
シアトルはカナダ国境に近いので、違う国というより違う州のような感覚です。

だからフィギアスケートの3位になった人も「よかった、よかった」
アイスホッケーのカナダチームが勝っても「よかった、よかった」という感じです。

しかし、やはりもうちょっとオリンピックでの日本人選手の活躍を望んでしまいます。
で、どうでしょう、この際オリンピック協会に公式「新種目」として採用してもらうのは!

それがこの競技。
題して「犬種別、犬ぞりレース」!!
31101.jpg

日本犬の特技「ぐいぐい引っ張るからね」を生かして金メダルも夢じゃないと思うんですが。
ひとつ心配なのは、レース中に急に止まっておしりレロレロするぐらいですか。
ハチは、お母さんが日本からの柴犬で日系2世犬ですが、この意気込みです。
31102.jpg

あぁ~いいなぁ~いいなぁ~犬ぞりいいなぁ~
これ、絶対やってみたい事ベスト3に入ります。
オリンピックで公式種目になると絶対おもしろいと思うんですけど~。

| 未分類 | 06:10 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月