2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

ゲフゲフと犬缶

616132.png

みなさま、こんにちは。
シアトル 晴のち曇り  23度 湿度40%

快適です。

そんな快適な先週の月曜日。

わたしが仕事から帰ってドアを開けると
いつもニヤニヤしている黄色い犬がいない。

あれ?と思っていると
夫が怖い顔して「ハチ、病気みたい」と。

なんでも、公園へ散歩へ行って帰ってきたとたん
ゲェゲェ、、ゲフ、ゲフ、、と言い出した模様。

いろいろ話を聞いてみると、発作とかではないような、、
のどの奥に草の破片とか引っ付いて
オエオエしているのかな?と想像。

一応、ケージの中では静かに眠っているのでちょっと
様子を見ようとそのままにしておきました。

そしたら、、、
夜中にゲェゲェしている音が聞こえてきた。

「わっ!」と飛び起きてケージから出してやると
ちょっと発作にも見える、、でも、何か詰まっている
ような感じにも見える。

救急(近くに救急動物病院がある)に行こうかどうしようか思ったんですが
数秒で発作がおさまるので、ちょっと横について見ていました。

何度か結構すごいゲゲゲ・・・ガフガフ・・ヒューヒューと
するので怖かったんですが、また数秒で止まる。

その晩は、ほどんど眠れなかった。
でも、ハチはちょっと元気なさすぎだし
めちゃ心配しましたよ。

次の日、獣医さんに見てもらおうかと夫と
話していると、夫が

「ケネルコフかな?」と。

「あっ!そういえばハチが1歳の時に
ケネルコフにかかったので、それに
似ているような感じ!」

ネットでいろいろケネルコフについて
調べて、公園に行って感染することが
あるとのこと。ケネルコフ

鼻は一応濡れてるし、痙攣とかもない。
ゲフゲフ以外は穏やかに見える。
外でおしっこもした。
もう一日様子を見ることにしました。

ハチが一歳の時、わたしの父の一周忌に夫と
日本へ帰国した際、柴犬のブリーダーに預けたことが
あり、そこの犬たちからどうも「ケネルコフ」をうつされて
帰ってきました。

そのときは、獣医さんに電話で聞いたら
「一日様子を見て、食欲があれば大丈夫です。
一週間ほどでだいぶ軽くなるでしょう。
おかしな症状が出たら来てください」と言われて
薬もなく、ただ安静してるだけでした。

今回もそうであることを願って、、、

ハチに初めて犬缶(ウェットタイプ)をやることにしました。
あまりのうまさに「ゲフ、ゲフ」言いながらがっついてましたので
あ、大丈夫かなとちょっと安心。

二日目、ゲフゲフするけど、鼻濡れてる、睡眠とってる、おしっこうんこした。
ちょっと落ち着いた感じになってます。

三日目、ゲフゲフ以外は元気元気。
犬缶がよっぽどおいしいのか、瞬時に完食。
興奮すると、ゲフゲフする。

4日目、ゲフゲフの頻度が少なくなってきた模様。
快尿、快便。食欲旺盛。
窓の外のボブにもフガフガ怒っている。

5日目、もうほとんどゲフゲフがなくなった感じ。
エサの時間になると催促する知恵をつけてきやがった。

そして、6日目の今日、もう咳はなし。
ただ、犬缶ほしさにエサの時間を気にし始めた。
以前は、エサやっても結構ほったらかしにしていたのだけどね。

616133.png

と、まぁ先週は本当に心配の一週間でした。
今まで一回も病気になったことないハチだったので
びっくりしました。

わたしは、実家で小さい頃から犬飼ってましたけど
ケネルコフなんて知りませんでした。

ハチはこれで2回かかっているので、かかりやすい体質なのかしら?
動画をとっておけばよかったと後悔。

みなさんのわんこに何かあったときに、お役に立てるのにね。
ケネルコフは風邪みたいなものなので、それほど心配しなくて
いいようです。ただ様子はよく見ておかないとだめですね。

だいたい、一週間から10日ぐらいで軽くなるコが多いようですが
1か月ぐらい続くコもいるそうです。

みなさんも気をつけてくださいねー。 

616134.png
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:51 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月