2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

≫ EDIT

七面鳥の日

1127131.png

シアトル 晴 9度

11月 第4木曜日は「サンクスギビング・感謝祭」で
全米祝日です。

そうです。毎年恒例の「七面鳥を食べる日」なのです。

1127132.png

遠方の家族・親戚に会いにアメリカ人が大移動しています。
うちは、近くに義兄夫婦がいるのでそこへおじゃました。
毎年こんな感じ

サンクスギビングの起源は、入植者のよって農耕を始めたが現地の気候に合わず
危うく飢餓になりそうな所をアメリカ先住民の助けによって危機を免れた。
その感謝と共に先住民を招いて食事会が行われたそうです。(ググりました)

へー、そうだったのかー。知らなかった。
お食事の前に、一応、お祈りをします。

毎日の食べ物
家族の健康
知人・友人の幸福
全てに感謝致します。アーメン

1127133.png

さて、義兄が飼っている巨漢トビ―くん。(ラブラドール)
少しダイエットしたそうで、スリムになったね。
いつも100%の笑顔で迎えてくれます。(ラブは愛想があってかわいいね)

しかし、デカいなぁ

1128131.png

トビ―くん、でっかい骨もらってうれしいのか、いちいち見せびらかしにきます。
ほんと、ラブって人が好きなんですねー。ずっとみんなの回りをウロウロ
愛想を振りまいています。

ハチなんか、お客さん来てもお尻向けて寝てますもん。
1128133.png

まぁ、とにかくサンクスギビング・デーは

NYの有名なバルーンのパレードを見てるか
格安セールに走ってるか
アメリカンフットボールを見てるか
七面鳥食べてるか

1128134.png

全米に住むみんながどれかに当てはまっていると思います。

それでは、みなさまハーッピーサンクスギビング!!
hachicard.png
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旗とトランペットとバカップル

シアトル 晴 6度 さむいさむい。

晴が続いたシアトル地方。
晴れた日の夕方は、仕事の帰りの車からこんな風景が稀に見られます。

1124131.png

今週末は、夫の叔父さんの告別式に行って参りました。

全く元気だった叔父さんです。(75歳)
スポーツやハイキングが大好きで健康だった方です。

まさかの急死に一同、ただただ某然とするばかりです。
自宅でパソコンしていて、突然倒れて、、、そのまま他界されました。

ご家族はあまりにも突然だったので、家族葬で済まし、昨日「メモリアルサービス」と
言って親戚・会社関係・ご近所・ご友人などを招待する会を持たれました。

わたしは、アメリカで2回目のメモリアルサービスですが、今回は一応親族の一人なので
喪服(あ、着物じゃないですよ)を着て行こうかと思っていました。
しかし、夫が「そんなにフォーマルにしなくていい」と言うので、グレーのニットワンピースで
行きました。

しかし、久しぶりのムチムチのパンストにヒールのある靴、、、ぐ、、ぐるしぃぃぃ。
が、喪服着て来なくてよかったー。みんなとてもカジュアルです。
(以前、全身真っ黒の喪服で登場したあたしは、浮きまくってました
アメリカで日本人がよくこれで失敗します)


メモリアルサービスは、ご家族・孫・親族・友人・同僚などから故人との
思い出を語り合い、涙、涙の辛い時間となりました。

で、前から気になっていた部屋の端っこに玩具の兵隊のように立っている
二人組の制服を着た人たち。

こんな感じの人。
air force

最初はビルの警備の人かな~と思ってたんですが
一通りみんなの悲しい思い出話が終わると
突然、軍隊のように最前列まで歩き始めました。

説明では、故人の叔父さんは「エアー フォース 空軍」に所属した
ことがあり、生涯愛国心を強く持って生きられたそうなので
空軍にお願いして「フラッグセレモニー」をしてもらうようにしたとの事。

何?
フラッグセレモニー?
って、何?

と、思っているうちに、軍服を着たお二人はおもむろに、しゅるしゅると
大きな星条旗を広げていきました。
101015-F-5985C-140.jpg


そして、みんなの前で「バッ」と国旗を広げ
黙とうのような感じに。
imagesCAFUQYAP.jpg

そして、再び一人が端から丁寧に「三角折り」にしてゆきます。
最後に星の部分が表になるように丁寧に折ってゆきます。
imagesCAL6C5GB_201311250159099d3.jpg

それを、遺族の方へ渡し何やら弔いのお言葉をささやかれていました。
imagesCAM8MX2S.jpg

そして、再びあの軍隊歩きで室内から退出されて行ってしまいました。

わー、わたし、茫然。
夫の家族や友人関係でも、軍隊関係の人は一切知らないので
こうゆうのは初めてでびっくりしましたー。
でも、故人を尊重されてていい感じがしました。

叔父さんは、シアトルに生まれ育ち、シアトル近辺の山々をあちこち
ハイキングされていたので
遺灰をカスケード山脈のハイキングコースへ撒かれたそうです。

海へ流す人もいます。


帰りの車の中での会話。
「あのセレモニーのときに鳴っていたトランペットの音楽はなんていう名前?」と聞いていたら

夫:「あのトランペット上手やったなぁ~」
あたし:「えっ?あれ、テープレコーダーちゃうん?」

夫:「えっ?あの人吹いてたんちゃうの?」

あたし:「なんでーな。そんなわけないやん!あの人別室にさっと隠れて行ってたやん!
そんときに、ポチッとボタン押したんやろ」

夫:「えーーーーっ!あの人吹いてなかったのーー?」

あたし:「吹いてないって!だって、見たん?吹いてるとこ。」

夫:「いや、、別室で吹いてるのかと、、」


あたし:「なんでわざわざ隠れて吹くんよー!テープやって、あれ。」
「ええーーーっ、あれほんとにトランペット吹いてるって思ってる人が
いた事におどろいたー、絶対、吹いてないって!」

夫:「そっかなぁ~」

あたし:「そうやって!」


と、、、最後は故人の叔父さんを語るのではなく、帰りの車中、
終始おっさんがトランペット吹いたか吹いてないかの議論で終わりました。
すいません。

や、やばいやばい、、あたいら、バカップルの会話になってきたわ、、。

おまけ:アメリカにもあるんだもんシリーズ。
    1124132.png

| 未分類 | 03:01 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車検とナンバープレート

シアトル 晴 0度 霜おりました

週末の話、「柴犬警備保障会社」もお休みのようです。
1121131.png


この時期になると、「車の税金払いやがれ!by シアトル」という
手紙がきます。

で、今年は2年に一度の車検でした。

アメリカの車検と言っても、日本のように真面目に隅々まで検査チェックするような
ことはもちろんなく、「ぶぉぉぉぉぉ~ん」とアクセルを思いっきりふかせる
排気ガステストだけです。

それも、自分で行きます。
さぁ、土曜日は込むので朝一番で!

イヒヒ、並ばず一番でした。あれ?
チェックしてくれるお兄ちゃんもいない、、。
1121132.png

わたしは、植木屋やってますのでトラックに乗ってます。
できれば、軽トラックが欲しいのですが、あの小さいトラックは
なかなかアメリカでは手に入らない。

あ、お兄ちゃん、出て来た。
1121133.png

お兄ちゃんにガスをチェックしてもらって、はい、15秒で終了。
お会計$15なり。(1500円)

で、その「排気ガスOKですねん!」の証明書を持って
近くの自動車免許いろいろ手続き関係事務所へ行って
「TAB」(シール)をお金払ってもらいます。

で、事務所のおばちゃんに「今年は、ライセンスプレート(ナンバープレート)
も買い替えよ~」と
$125ドルも取られてしまった!

いつもは、$80ぐらいなのに、、、。

あれ?数年前に変えたはずなのに、、またぁ?
夫の車はプレート変えたことないのにぃぃ。

なんか騙されてる感たっぷりだわ。
こうやって、政府は頭の悪い庶民からコソコソと
金を巻き上げるのね。

そうしてどんどん溜まってくる古いライセンスプレート。
日本のオークションで売ったろかしら。
1121134.png

アメリカのライセンスプレートはご当地自慢の絵が入っていてカラフルで
おもしろいですよ。

シアトルがあるワシントン州のプレートデザインは
こんな感じ。
washington-license.jpg

シンボルのレーニヤ山をバックに「エバーグリーンの街」と
称されてます。

シアトルを車で走っていると、よく目にするのがお隣
「カナダ・ブリティッシュコロンビア」の車。
(国境沿いなのでね)

これがまた腹立つ。
untitled.png

なんかさぁー
「ビューティホ~ ブリティッシュコロンビア」ちゅうのが
わざとらしくていやらしい。

ほれ、見てみぃ
2番目によく目にするワシントンの下に位置するオレゴン州の
地味さ!、、いや、、したたかさ。
プレート内のキャッチコピーもなし?
oregon.png

まぁ、、目くそ鼻くそのケンカはこのへんにしてと。
わたしは、大阪出身なので関西のナンバープレートの事
しかわかりませんが、関西では「浪速(なにわ)ナンバー」が
みんなに怖がられてます。
神戸ナンバーや京都ナンバーだとちょっとオシャレに感じます。

他の各地でもこういったナンバー差別があるのでしょうか、、。

アメリカの他の州はどんなんでしょうか。

あー、めちゃフロリダらしい。
オレンジとサンシャインの街
florida.png

ニューヨーク!帝国の街!
ふーん、結構地味ね。
NY.png

わたし、これ好き!
ネブラスカ、ザ・ビーフの街!ンモゥゥゥゥ~
imagesCAR5D80G.jpg

南国ハワイ~、アロハ~
images.jpg

いろんな州を見ているとおもしろいです。

| 未分類 | 06:46 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鮭!サケ!さけ!

本日 曇りのち雨 10度

やっと、シアトルらしくまとまった雨が降ってきました。
11月、うっとうしく雨が続いたら!

鮭が川を上がってくる!

毎年、天気の悪い中、鮭の遡上を見に行きます。
これこれハチ君、そんなとこ探してもイクラは見つからんよ。
1116131.png

いつもハチの散歩で来るシアトル市内の公園。
地元の子供たちが教室で卵から育てて、4月頃に稚魚を放流しています。
ここに上がってくるのは、チャムサーモン(chum slmon)しろ鮭です。

1116132.png


あ!いた!
1116133.png

もう既に、大仕事を終えたものも、、、
1116134.png


母川回帰
わたしの好きな言葉です。

サケ・マスなど自分が生まれた川の匂いを覚えていて
必ず生まれた川に帰ってくることです。

ここで生まれた鮭達は、カナダ・アラスカ沿岸の太平洋を回遊し
3・4年後ここへ帰ってきます。

約3000個の卵から、無事、産卵として自分の生まれた川へ
帰って来られるのは、たった1・2匹。
だからここへ帰ってくるサケ達は、エリートの中のエリートなんです。

うっとおしい雨の中、そんなたくましいサケ達をわたしは、毎年
わくわくしながら見に行くのです。

今年はうまい具合に動画も撮れました。
大きいメス(前方)が産卵するのを
2匹のオス(後方)が「オレが!オレが!」と
狙っています。

[広告] VPS


また、ある地域では毎年洪水がおき、こんな光景も珍しくない
シアトルの11月の風景です。

| 未分類 | 07:41 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フライパンの話

1113131.png

あ、みなさま、こにゃにゃちわ。
シアトル もちろん 曇りと雨
14度


今日は、前から思っていた事を決断し、行動に移しました。
何かって?

フライパンの買い替え

わたしは、毎日フライパンを使います。
で、この「消耗品」と呼ばれるフライパンの買い替えが大嫌いでした。

普通のフッ素加工のフライパンは1~2年でダメになるし
前回は、奮発して「ちょっと値段の高いフッ素加工」を買ったけど
4~5年でやはりダメになりつつある、、、。

もう、使い捨てはいやだ!

と思い、よくテレビで有名シェフとやらが優雅に使っている
あの「銀色のフライパン」を買うのだ!と少し前から決めていた。

わたしのいる「植木屋ガーデナー」の世界では、「道具は一番高いもの買っとけ!」と
言います。
そう、きっとフレンチシェフは、やっすいフッ素加工なんて使ってない。
一生を添い遂げる高い質のよいフライパンを買うのだ!

と、いうことで近所の「レストラン業務用器具・調理器具専門店」へ
鼻息荒くして行ってきました。

フライパン売り場に直行し、銀色のフライパンを見つけ一番高いのを
買いました。(まぁ、$80ですけど、、8000円ぐらい)

さて、家に帰りこれは、なんじゃろな?と説明書きを読んでいると
なになに?ステンレス?へぇー、銀色はステンレスだったのかぁー。

で、一回卵焼きを焼いてみようじゃなかと、、
あれ?なんか引っ付くなぁ、、、

では、パンケーキはどうかしら、、
あれ?
なんじゃこれ?

ぎゃー、めちゃ焦げ焦げやんかぁ~~~!
11131.png

なんなん!このフライパン!
めちゃ、焦げ付くやん!

で、早速、ググってみた。

ステンレスフライパンのグーグル検索の一番トップに

腹が立つほど使いにくいステンレスフライパン<yahoo!知恵袋>

ええっ!
これって使いにくいの?
フレンチシェフはチャチャと料理してるのはなんで?

そこから、情報の収取を始めました。(遅い!)

な~るほど。
あんまり家庭の台所環境ではステンレスは向いてないのね。(残)
でも、何十年も使ってます!っていう人もいる。

ようは、火加減の問題なのね。

「フライパンをしっかり熱すること!」と
あったので、高温でめちゃ熱くしました。

ある人は「煙が出るくらい!」と
あったので、こわぁ~と思いながら
煙を見つめてたら

ビィー!ビィー!ビィー!ビィ~~~~~
と家の火災報知器が鳴ってしまった!

やばい、やばい!
近所のおっさんに消防局へ通報されるではないか!
(以前裏庭でたき火してたら、煙見てびっくりされ
「大丈夫か!」と心配された)

ほうきの柄で火災報知器を叩く。
台所、煙たい。

ええぇぇ~これあたし使えるん?
で、いろいろ試行錯誤した中でコツをちょっとつかんだ。

はじめ、やや弱中火ぐらいで15分ぐらい待つ。
で、油を入れてちょっと待って、、、、

卵を流し込む。じゅわぁぁぁぁ~。

おっ!いい感じ!
1113132.png

その後、洗わずじゃがものスライスも入れてみた。
いいやん!

1113133.png


難関は、どうも「チャーハン、やきそば、ぎょうざ」らしい。

そうよね、フレンチシェフはこのフライパンで餃子は作らないでしょー。
しかし、あたしの調理メニューは「エスカルゴのバターソテー」より
「餃子・チャーハン・やきそば」系。

あ、中華鍋買えって?確かに。

で、めちゃ火加減に気をつけて
チャーハンやってみた!

おっ!
1113134.png

いけるんちゃう?
フランス人もびっくり?

ほら、焦げ付きなしよ!
1113135.png

この調子で次回は焼きそばやってみよ~。
ねぇ、中華鍋って一生もん?
そっちがよかったかなー。

おまけ: 今日出番がなかった人
1113136.png

| 未分類 | 08:06 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒がり犬

シアトル 曇り 10度

さむぅ~
寒がりのあたしは、毎朝、起きると一番に部屋のヒーターを入れます。

119131.png



119132.png

そこへ、寒がりな犬が一番に腰を下ろします。

119133.png 歌:雪国(吉幾三)

猫は気持ちいい時、ゴロゴロいいますが
ハチもヒーターに当たっているとき
「ヒューン、、、ヒューン、、」とかすかに鼻を鳴らしています。

119134.png

ちょっと!ハチ!
あんまり近づいちゃだめだよ!
あんたいつも焦げ臭くなってるんだから!

119135.png

119136.png

近づきすぎると

焦げるよ!

119137.png

寒さに強いはずの柴犬のみなさま
どうぞ、ヒータに気をつけてあたってくださいね。

| 未分類 | 03:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Migration ~動物大移動・越冬~

シアトル にわか雨 11度

気がつくと、もう11月!

もう「渡り」が来てるじゃないかぁ
ということで、週末車を北へ走らせました。

シアトルから北へ高速を走らせ1時間。
ここに毎年8万羽ほどのスノーギースという雁が、遥かアラスカ・カナダから
越冬しにやってきます。
わたしの野外趣味活動のひとつに「バードウォッチング」というものが
あり、非常に地味な活動ではありますが、これがなかなか感動するんすよ。

さて、小一時間走ったところでここ、スカジットという所へ着きました。
スカジット川の河口付近にあるデルタ地帯。

116132.png

今は、ハンティングシーズンが盛んになる季節なので
「ドーン、ドーン」という銃の音にどきどきしながら
バードウォッチャーは地味に鳥を探します。

あ、いた!
116131.png

スノーギース
250px-Chen_caerulescens_32398.jpg
ウィキペディアより

農地の真ん中にいるので近づけない。
でも、あの渡り鳥の声を聴くと「あぁ~オラの国にも冬が来たべ」と
いう気持ちになってわくわくします。

それでは、冬のシアトルの音をお楽しみください。

[広告] VPS


そして、足元みるとニワトリが、、
あんたらどっからきたん?

116134.png

頭上には、白頭ワシが。
116135.png

スノーギース狙ってるのかしら。

季節は動いています。

シアトルは今、サケの遡上シーズンでもあり湾には
たくさんの鮭が川を上ってゆく準備で留まっています。

それを狙ってか、ここ数日、オルカがシアトル近郊の湾に
来ているようでした。

ハチの散歩の公園にたくさんの人がいたり
湾に船が来ていたので、きっとそのオルカを見に来ていたのでしょうね。
116133.png

オルカ見るため?
たくさんの船もでてましたよ。
116136.png

残念ながら私達はオルカを見つけることはできませんでした。

後日ニュースでやってました。あー、見たかったー。
628x471.jpg
Seattle Pi より

夏から秋、冬へと動物たちも準備に入っているようです。

| 未分類 | 07:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マツタケと日系人と柴犬

シアトル 強風のち雨  12度


だんだん晩秋の雰囲気になってきました。
112131.png

外は冷たい雨。
哀愁漂う土曜日の正午。

わたしは、ひとりマツタケご飯食べました!
112132.png
(自分ちで取れた自然薯とろろ汁と共に)

夫の友達から「マツタケいる~?」と電話がありました。
彼女はアメリカ人だけど、毎年お友達(日系人)と山へキノコ狩りへ
行く、まぁアメリカ人にしては珍しい人なのです。

豊作の年は、いつも持ってきてくれます。
「一緒に連れてって!」と言ったこともあるんですが
お友達(日系人)が「日本人に教えるとみんな行くから、イヤ」
と断られました。 まっ、確かに。

大きいの二つ頂きました。(カサ思いっきり開いてるけど)
112133.png

あー、でもいい香り!
こりゃー、やっぱりマツタケご飯でしょー。
うまうま。
あー、日本人でよかった。
こんな幸せを味わえないなんて、、、アメリカ人かわいそー。

シアトルは、日系人の方も多く住んでいるので
日本の文化などが、地味に受け継がれています。
盆栽文化もあるし、刺身、寿司、テリヤキは庶民の味になってます。
春は桜祭り、夏は盆踊り大会、秋まつりに年末年始は神社でお餅つき。

わたしは、仕事がらときどき日系人の方に会うこともあるんですが
柴犬を飼っている方もちらほらいますよ。

よく行く公園でも、いつも日系人のおっちゃんに会います。

112104.jpg

112103.jpg

日系人の方(多くが2世3世)と話していると、日本から来た日本人よりも
物凄く日本っぽい所があると感じます。

戦中、戦後の差別の話やシアトルには強制収容所もありましたから
ヒマラヤ杉に降る雪のように映画にもなっています。

大変な苦労があった日系人の方々ですが、アメリカ社会に馴染もうと
とても勤勉に生きられたそうです。
だから、わたしは、シアトルで生活していて「日本人だから大丈夫」という信頼性を
感じることも多いです。

わたしは、日本人だからといって不利に感じたことはないですが
お友達のだんなさまの話が今も忘れられません。

彼は日系3世になるので、もちろんアメリカで教育を受けた
アメリカ人ですが、学校や会社では「人より何倍も努力しなければ、同じアメリカ人と
同等に見られない」と言ってました。「なぜなら、僕は日本人だから、、」

そのとき「ええええーーーっ!!」と思いました。
じゃぁ、英語が下手なあたしたちは、どうするん?って。

まぁ、個人のいろいろな経験があるので
一概にこれが差別とか言うのはむずかしいですが
アメリカ社会でマイノリティーで生きてゆくのは
何かしらあるのだと思います。

ハチは、お母さんが日本から連れて来られたそうで
アメリカで生まれたハチは、日系2世犬です。

112134.png


で、あたしは、、、日系一世ってことになりますね。


みなさんに質問:

アメリカ西海岸以外にお住まいのあなた!
わたし、ブログのサイドバーにシアトルの時間を埋め込みましたが
あなたのパソコンから見た時、何時になってますか?
日本時間になってますか?それとも、17時間違いになってますか?

| 未分類 | 06:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月