PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハーシャル、カムバック!

日本は、各地で雪だそうですね。

シアトルは相変わらず、曇りです。
211111.jpg


まぁ、暗いからと言ってハチの散歩がなくなるわけじゃないので、海の見えるハーバーへ。211112.jpg


海を見ていると、向こうの方になんだか難民船のような物体が。

釣り船かなぁ~と思ったけど、ちょっと様子が違うよう。
なんだぁ?
211113.jpg


あっ!こいつらか!
211114.jpg


トドのみなさんです。
遠くてよく見えないけど、「アウッ、アウッ、アウッ」って大きな声で鳴くのでわかりましたわ。
211115.jpg


シアトルには、トドにまつわる有名な話があります。

「トドのハーシャル・Herschel」と言えば、みんな知ってます。

シアトルは、鮭がたくさん遡上する街で州全体で「鮭を保護する」
なんとまぁ、鮭にやさしい街なんですよ。

でもね、人間が好きなものは、他の動物も好きなんですよ。
その鮭を追いかけてトドもやってきます。(もちろん、食べに)


20年ほど前、トドの中でも物凄い鮭を大食いする「ハーシャル」というのがいましてね、
研究者などは、頭を痛めていたらしいのです。

こいつは、あまりにも鮭をゲリラ食いするので捕まえられ、ワシントン州の太平洋沿いに
バイバイ~サヨナラ放された。


しかしぃ~!
なんと、数日後、シアトルの湾に戻っている所を発見された!
恐ろしきハーシャル!


腹を立てた研究者達は、再びハーシャルを捕獲し、今度は南カリフォルニアに連れて行ったそう、、。
しか~し!

ハーシャル、負けてません。
数週間後、シアトルの湾で再び、発見された。(笑)
2111118.jpg


ハーシャルの他にドカ食いするボブ、ホンド、そしてビッグフランクらは、飛行機にて
フロリダのシーワールドに連れていかれたそう、、、。
211117.jpg

トドが増えすぎて、撃ち殺すのもかわいそうだし、、、でも、鮭も大切だし、、、
アメリカはまだまだ自然がたくさん残っているので、こんな問題が多いです。



日本では、数年前「多摩川のタマちゃん」なんて人気になってましたが、
日本は平和でいいなぁ~。
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お、一番乗りだ!
トドのハーシャル、やりますねぇ~。
絶対にここから動かんぞ!って、根性がすばらしい!
フロリダの方が暖かいし、えさもちゃんともらえるし、ハーシャルたちにとってはよかったんでは?
サンフランシスコのピア39で見た凄い数のアシカさんたちもアゥ、アゥ言ってて、見てて面白かったっけ♪
でも、こんな風にトドの皆さんがドンブラ来るなんて、笑っちゃった♪
さすが、アメリカ!

| しゅうやん | 2011/02/13 19:18 | URL |

ハチママさん、こんにちは♪

ご無沙汰してました!
過去記事読んできました、面白いですね~
そうですか、お散歩中に拳銃を!
さすがに十勝の山ではそういうこともないし、残念ながら、やらしい本も落ちてませんが(笑)
でも一度ベル隊長が骨を拾ってきたことがありますよ!
握りこぶしくらいのけっこうでっかい骨で、Junさんは人の骨じゃないかとか言ってゾ~っとしましたけれど。
ほら、だってよくあるじゃないですか!
殺人事件で死体を山奥に委棄って(笑)
結局地元の警察の人に見てもらったんですけど、鹿の骨か何かじゃないかって。。。
警察の人って、やっぱるい骨とか見ると、ひと目で人間のかどうかってわかるんですね~、、、
感動でした。。。

あ、話はそれましたが、そうですか、トドの皆さんが鮭を。。。
十勝では鹿の皆さんが農作物を荒らすとかで、一定数を駆除(殺処分ですよ!皆さん)していますから、
アメリカの方は優しいです。。。

| みる | 2011/02/14 13:07 | URL |

すごいお散歩道

わあ、普段のお散歩道から
トドのみなさんが見えるなんて

なんかとってもスゴイですねー。

どんなに遠くに連れて行かれても
このエリアの鮭のおいしさは、格別で
戻ってくるってワケですね。

| 風ママ | 2011/02/14 16:40 | URL | ≫ EDIT

しゅうやんさん
サンフランシスコの湾にいっぱいいますねー。
あそこもいろいろ問題もあるみたいです。
でも、まぁトドもやたら食べてるわけじゃなくて、生きる為の食べてるんですからねー、これだけは誰が悪いってのはわにんないですねー。

みるさん
おー、ベル隊長、でっかい鹿の骨見つけたんですね。
十勝ならいろんな動物の骨が落ちているでしょうねー。
でも人骨はいやだなぁ、、、。
そうですか、鹿は定期的に処分されているんですね。
シアトルでも数年前、カナダ雁が増えすぎて処分されてましたー。こっちも鹿の被害は結構ありますが、同時に趣味で狩猟をしている人も結構いるので、そのへん少しは数のバランスがとれてるのかなーと思います。
自然と共存するってむずかしいですよね。

風ママさん
確かにわたしからしたら「トドだっ!!」って驚きますが、こっちの人にとっては、「別にぃ~」って感じなんですよ~。
しかし、「日本では猿が街に出るし、悪さもする!」って
言ったらすっごく驚かれましたよ~。なんせ、アメリカには
猿、いませんから。
日本に住んでいた時、夫と箕面へ行ったときすっごくびっくりしてましたよ~。わたし、ポッキー盗まれましたし。
高槻にもときどき、猿がでて悪さしますよね~。

| ハチママ | 2011/02/15 01:18 | URL |

はじめまして。
柴犬マコちゃんの所からたどって遊びに来てしまいました。

シアトルに住む柴犬ちゃん…
過去記事読んでていろんな事件があるものだなぁ…と感心したりしました。

又遊びに来たいと思います。

| アッコ | 2011/02/19 17:08 | URL | ≫ EDIT

アッコさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
そうなんですよー、海外に住んでいるとやはり危険度に出会う割合が日本よりかなり多いです。怖い。
帰国したとき、12時(夜)前でも駅前の賑やかさにびっくらこきました。
また、遊びにきてくださーい。

| ハチママ | 2011/02/20 10:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogshibahachi.blog21.fc2.com/tb.php/204-e268f7f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT