PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麗子像

シアトル 本日曇りのち晴れ  10度

あ、でも2日前日本が雪だった日
シアトルも雪降りました。
212142.png


まぁ、次の日、雨で消えましたが。

212141.png



先週、髪の毛が伸びて来たので、久しぶりに「サロン」へ行って参りました。
(あ、ハチじゃなくてあたしの話ね)

日本からアメリカへ来たばかりの頃は、髪の毛、変に切られるのがいやで
日本人の美容師さんを探して切ってもらっていたんです。

ただダウンタウンまで行かないといけないとか
結構値段がお高かったりしたので

だんだん、もう誰でもいいや、、、という気分になり
5年前ぐらいからは、近くのサロンで切ってもらってます。

そこは、普通のアメリカ人が行くサロンで男の人もネールやる人も
いるような所です。ダウンタウンよりちょっと安いし、サービスも
いいし、カットも悪くないです。

あたしは、昭和生まれの見事な「健康ごわごわ剛毛系」ですので
アメリカ人はびっくりします。

212144.png

「お~まいごーっ!毛凄い多いわね~!」
「ひゃ~、全然、乾かないわぁ~」
「あんびりーばぶる!!」とか言われます。

こちらの、白人系の方は毛が薄いんですよね。
だから、毛が多い方が羨ましいみたいです。

さて、今回担当してくれる「カサンドラ」というおねぃさんは、、、、
なんだか、、どうも、、新人さんっぽいです。

なんだか、とても緊張しているようです、、、。
大丈夫かな、、。


で、カサンドラにはあらかじめ用意して持っていった
雑誌から切り抜いたモデルさんの写真を渡して
「こんな感じに切ってね」とお願いしました。

212143.png

黒木瞳風、ボブとセミロングの間ぐらいで
レアーが入って軽い感じの、、、、、。
まぁ、失敗できないような髪型なので大丈夫でしょう、、、。

カサンドラ、ゆっくり慎重に丁寧にチョキチョキ切ってくれました。
緊張しているらしく、とても長さを気にかけてくれてます。
外国人という客にも慣れていないのかしら、、、?

で、チョキチョキ切り始めてから中盤あたりになって
「なんかちょっとまだ長いかなぁ~」と思ったんです。
もうちょっと短くてもいいかなぁ、どうせまた伸びるんだし
思い切って切ってもらった方がいいよなぁ、、、と
心の中で思っていたんです。

それでカサンドラに「もっと短くしてもいいですよ。あたしそう頻繁に
切らないから、短くなってもいいですよ」って言ったんですよ。

そしたら、ちょっとびっくりしたような顔をして、、、
な、、なんと、、今、、まさに、、切っている

前髪
を短くバサバサいき始めたではないですかっ!

「あぁぁぁぁ~」と言ってしまったあたし。
「ごめんごめん、髪全体の長さの事なの!
前髪はあんまり短くしないでぇぇぇー」と
言っても事、遅し。

失敗。
カサンドラもちょっと顔引きつってました。

まっ、どうせまた伸びるしいいです。
「だ、大丈夫よ」とわたしもちょっと顔が引きつってます。

わー、わー、前髪3センチぐらい、、すごーい顔。あたし。
顔でか。
とか思ってました。

ローマの休日のオードリーヘップバーンみたい、、と
無理して思えば気がを休まるでしょうか、、、

アメリカの美容師の人はなんでいつも髪の毛を
乾かしてくれるとき、すっごいボリュームを出すんですかねー。
あたし、髪の毛多いって言ってるちゅうねん!

適度に湿気を含んだあたしの髪の毛はどんどん膨らんでいくのです。
そして、いつも最後は、あの
「麗子像」のように仕上がってゆくのです。


スポンサーサイト

| 未分類 | 07:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何だか、可笑しくて笑えました。(失礼)
でもカットって一番技術のいる技ですものね。
アメリカの人ってどうなんですかね。、
日本以外でカットして貰った事がない私には想像がつきません。
台湾に行った時、水なしでするシャンプーとブローは
して貰いましたが、そこの店員さん日本人から習ったと
言ってましたよ。

| わんこ | 2014/02/13 19:48 | URL |

麗子像、って、、、
日本人形みたいで外人さんからしたら、エキゾティックなんでしょうねぇ~。。。
うんうん、ヘップバーンカット♪
想像すると素敵じゃないですか♪
ハチ君はいつもの五分刈りなのね♪
もう、抜け毛の季節ですね。
そちらも大分雪が降りましたね。
こちらは明日は朝からまた降るようです。
いつから雪国になっちゃったんでしょー。

| しゅうやん | 2014/02/13 23:56 | URL |

前髪3センチで悲惨な気持ちになりましたが
麗子像で吹き出しました(笑)

ワタクシ超ロンゲな為、普段毛先しか切りません。
しかも年1回位しか切りにいかないので
行ったときは10~15センチ位ばっさー、、、
さらに、切ってもスタイル変わらず。
誰にも気づかれません。

切りに行く目安は、ケツの谷間に届いたら。
これって、やっぱ(だいぶ昔の)女子として
ダメダメでしょうか、、、

| あん金ママ★ | 2014/02/14 18:23 | URL |

わんこさん
やっぱり日本人の方が細かいとこに気がついて
日本人の髪質をよくわかってます。
台湾で水なしシャンプー?へーどんなんでしょう、、。アジア人は、、どうでしょう、、
器用な方なのかなぁ、、。でも以前はタイ人に切ってもらいましたが、、うーん、、アメリカ人とそう変わらないです。

しゅうやんさん
そう、、ハチの胸元がちょっとぽろぽろし出してきてるんですよねー。はぁーまだすっごい毛が抜けるわぁー。なんだか関東地方大丈夫?ってぐらい雪降ってますねぇ。都会は雪に慣れてないから、いろいろ大変ですよねー。気をつけてね。

あん金ママさん
まさに麗子像です。えきぞちっくー。
ええ~ワンレン(懐かしい言い方)なんですか~。
すごーい。できれば髪を長くしておきたいんですが
もう、わたし、山姥のような白髪ですので、無理です。このままおばちゃんになったら、やっぱり、あの大阪おばちゃんのスタンダードな「おばちゃんパーマ」をいつかかける日が来るんでしょうか、、。(笑)

| ハチママ | 2014/02/15 04:40 | URL |

はじめまして
読んでいて思わず最後の麗子像で噴出してしまいました(^o^)
やっぱり欧米人には日本人の髪質がわからないですよね。
私も昔、ヨーロッパに住んでいたときに、そこの美容室でよく美容師さんを悩ませていました。
すっごく緊張して切っているのがわかるんですよね~
しかも私も髪太く多いプラスくせ毛、汗
若い頃で髪も染めてなくて真っ黒。
よく現地の美容師さんにこれは黒く染めてないのか?ってよく聞かれました、
きっと完全真っ黒の髪が不思議だったんでしょうねえ・・・

日本にいたら当たり前のことが、海外だと通じないことが多いですよねー
私は、ヨーロッパにいた時は、やたら納豆が食べたかったし(納豆はさすがに送ってもらえなかった、臭くて苦笑)カップ麺が食べたかったわー

| ひろ | 2014/02/15 10:20 | URL |

ひろさん
はじめまして!
ひろさんはヨーロッパにお住まいだったんですね。
ヨーロッパの方もそのような感じだったですか!
黒髪がめずらしいとは!衝撃的ですね!
あら、、ヨーロッパには納豆なかったですか。
シアトルは納豆手に入りますよー。
お寿司屋さんでもときどきアメリカ人が納豆巻きとか食べてるんです。
25年ほど前にパリで「うどん」を頼んだら
ソバのような、、うどんのような、、ラーメンのような、、代物が出てきました。(笑)

| ハチママ | 2014/02/16 00:17 | URL |

麗子像というタイトルを見て「こち亀」の麗子かと思いましたが、そっちの麗子でしたか。あの有名な麗子像ですが、私には座敷童みたいで昔から苦手な絵画の一つでした。だって怖い〜。ハチママさん=麗子像だと怖いので、ちびまる子ちゃんと思わせてもらいます。

なるほど〜、白人は髪が薄いんですか。あのボリューム感は偽物だったのね。確かにいろんなヘアスプレーがあるものね。私の曾祖母はロシア人なので、それで私の髪も薄いのかなあ。

| やっちゃん | 2014/02/19 15:58 | URL | ≫ EDIT

やっちゃん
あたしは「こち亀」って何?と思いましたよ。
あぁ、、あの漫画のね。ぷっ。
へっ?やっちゃんのひぃおばぁちゃん(で、あってる?)はロシア人なんですかっ!
きゃぁ~素敵だわぁ~、じゃぁエレナさんは、ハーフなんすかっ?いいなぁ、、異国の地が混じってるなんて、、、。あたしなんて、、、ずっと祖先は全部モンゴロイドだしー。だから毛なんてごわごわだしー。だから麗子像なんだしー。(笑)

| ハチママ | 2014/02/20 09:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogshibahachi.blog21.fc2.com/tb.php/410-2f4c5c67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT