PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pow wow 祭り

シアトル 曇りのち晴れ  25℃/17℃ 今年はまだ半袖着てないなぁ

IMG_0452.jpg

「ぼく見える?」
717161.png


🐕     🐕     🐕     🐕     🐕     🐕     🐕     🐕     🐕


さて、「シーフェアー(夏の間、いろんなイベントがある)」に行って来ました。

海外ブログらしく、おしゃれカフェや素敵アンティークは
残念ながら紹介しなくてすいません。あたしが行ったのは、、、

ネイティブアメリカン祭り
Pow wow (ネイティブアメリカン大集会)
IMG_3553.jpg

いろんな部族が集まるお祭りです。
わたくし、民俗学的なものが結構すき。

シアトルには、沢山のインディアン居留地があります。(部族ごとに)
わたしがここに住みだした頃、クルマを走らせていると「ここ、インディアン居留地」と
いう看板が目につき、不思議で不思議でしょうがなかったです。

717162.png


何?誰が住んでるの?どんな生活してるの?
まさか、狩りはしてないよね?学校は?病院は?

アメリカ人の同僚に彼らの生活を聞いても、ほとんど興味を示さず
いろいろ複雑な歴史や社会問題もあるようです。(アルコール依存症やドラッグ問題)

わたしは、全くその辺の偏見や情報がないので
ただ「自然に寄り添って静かに生活している人々」としての勝手なイメージで
興味があります。

シアトルの(沿岸沿い)ネイティブアメリカンの人々は、日本のアイヌにとっても
よく似ています。

IMG_3538.jpg

ファミリーごとに動物の名前があります。
「フロッグ・カエル」、「イーグル・ワシ」「サーモン・鮭」など
IMG_3547.jpg
 
ポカホンタスみたいな、かわいい女の子
IMG_3548.jpg

民族衣装にも興味あります。
かっこいいですよね。
IMG_3549.jpg


お腹すいたなぁ、、。
まだ午前中だったので、サーモンは焼けておらず「鹿肉ソーセージ入りブレックファースト」
なるものを注文。

一欠けだけ入った鹿肉ソーセージ。
「・・・・・」
IMG_3533.jpg
もっと「ハーブ入り鹿肉ソーセージ」とか丸ごと売ればいいのに。

せっかくお祭りなので、もっとトーテンポールとかのカービングショーとか
レンタルコスチュームとかいろいろビジネスしてお金稼げばいいのにぃと
思うんですが、ここの人達はそうゆう貪欲な「浪速あきんど根性」がないようです。



静かに、平和に家族と仲間と暮らす文化が中心なんだろうなぁと感じました。


では、皆さまの平和と幸せを願い、ダンスを少しご覧ください。
[広告] VPS




スポンサーサイト

| 未分類 | 00:21 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですね

私もハチママさん程ではありませんが
民俗学的なもの興味あります
特に知識を得てとかゆうんじゃないんですが
原始の何か大切なものを守っている人達と
いうイメージがあって、民族歴史館とか
覗くのが好きです
ホント、アイヌの衣装に似てますね
踊りと音楽も何となくアイヌっぽい
いいもの見せて頂きました

ハチ君の「ぼく、見える?」
見えるよ~~~~
この写真好きです(^o^)

| 琴子ママ | 2016/07/18 09:15 | URL |

私も外にいる時は長袖を着るようにしています。そうしないと皮膚が痛いのよ〜。今週は最高気温が連日(38度)なんです。しかも、これって百葉箱の中の日陰の温度ですよね。もう日向にいようものなら、皮膚がチクチク針でさされてる感じがします。

「ぼく見える?」の写真で、「そうそう、柴犬て本当に芝色なんだなぁ」と実感しました。その上、なんて素敵な草なのかしら。アザミも混ざってないみたいだし、結構いい金額で売れるヘイベールが作れそうです。

私、ミズーリ大学では人類学を勉強していて、専攻が考古学だったので、ネイティブアメリカンの勉強もしたし、発掘にも参加しました。360度地平線が見える大きな牧場で朝から晩までコツコツと住居跡を発掘するんです。住居跡から矢尻を作ったコアストーンを発見したりして面白かったですよ。ただしトイレは不便でした。男女の学生が参加していたので、トイレに行く際は宣言をして、みんなにそっぽを向いていてもらうんです。(必ず#1か#2か、聞いてくるんですよ…。)ちなみに参加した学生で私ともう一人のアメリカ人以外は全員がマリファナを吸いながら発掘してました。そうすると時間が経つのが早くなるんだそうです。???

一かけだけ入った鹿肉ソーセージの朝食に、ちょっとだけ「浪速あきんど根性」を見てしまったのは私だけ?

| やっちゃん | 2016/07/19 01:43 | URL | ≫ EDIT

琴子ママさん
わたしも民族博物館結構好きですー。
いろんな国でいろんな生き方している人に
興味あります。
シアトルのインディアンの人は、ほんとアイヌに
近いと思います。住居もティピ(三角テント)じゃなく杉で建てた立派なお家で、トーテンポール立ててます。

見えててよかったーbyはち

やっちゃん
ずっと38度、、、。
シアトルね、今65F、小雨降ってます、、、。

そうそうアザミは、むかつくよねー。
ガーデナーの敵だわ。あれ。
根っこが深いし、トゲトゲだし。

そうだ、やっちゃんインディジョーン子だったわね。草原でトイレ、、、あはは。#2って、、、。
埋めるの?発掘おもしろそうですねー。
オレゴン州東部の砂漠で無料発掘の場所があって
やろうかと思ったけど、ああゆうとこって、影ないのよね。暑くて暑くて、熱中症になりそうだったのでやめました。
Painted Hillというとこで、すごい綺麗です。
https://www.nps.gov/joda/planyourvisit/painted_hills_unit.htm

アーミッシュの人達は、家具を売ったりお野菜売ったりしてうまいことビジネスしてますよね。
なんかネイティブアメリカンの人は、欲がないのか
そうゆう売ったりあんまりしないんですよね。
そう、、少しだけ鹿肉ソーセージからあきんど根性が垣間見られるけどね。
あたし達、少し早目に行ったので入口にまだ人がいなくて(それでもオープン20分ほどたってた)
入場料も「あぁ、もういいわ、誰もいないから、入って入って!」と無料でした、、、。

商売しろよーーーー。

| ハチママ | 2016/07/19 08:00 | URL |

ガーデニング用のコテで発掘してたので、それで穴を掘ってから用を足し、埋めてました。中にはフードベイビ〜♪って歌を歌いながらウンチをする男子学生も…。

アーミッシュって結構儲けていると思いますよ。全部現金決済だし、銀行を使わないから申告しなくてもばれませんよね。小さな子供達でも一足$100以上のmuckmaster bootsを履いてます。

| やっちゃん | 2016/07/19 22:37 | URL | ≫ EDIT

なかなか、興味深い催し物ですね。
こういうインディアンの人たちって、ふだんはどうしてるのでしょうね?
こっちでも土地開発しようと掘ってみたら土器とか出て来て発掘調査することになった、って、そういう仕事をやっている人がいますが、発掘調査をする人って朝から晩まで外だから大変そう、、
でも、簡易トイレとかあるのかな~?
出て来た土器とか勾玉の類を洗ってきれいにするって仕事をやってる人もいましたが、好きな人にはたまらないんだろうな~。

| しゅうやん | 2016/07/20 18:02 | URL |

やっちゃん
あはは、、きっとそのへんの土は肥えて
いるんでしょうね、ぷっ。
muchmaster boots!あたしも履いてる~仕事で。
すごいね、アーミッシュの人。
まぁ、いいもの買って長い事使うという考えなんでしょうね。

しゅうやんさん
ネイティブアメリカンの人の多くは、「カジノ」ビジネスで働いています。法律でなんかカジノビジネスに特別な法律があるそうで、居留地には必ず大きなホテル付カジノがあります。税金の待遇も違うんでしょうね。補助金もきっとあるかと思うので
お金には困ってないと思いますが、差別はあります。
そうそう、関西でも奈良なんかでは、まだ発掘してます。バイトもあるみたいですねー。
暑い中やるのは、地獄ですねー。

| ハチママ | 2016/07/21 03:07 | URL |

ハチくん、キタキツネみたい。(^∇^)
アメリカにはいろんな部族の方がいらっしゃるんですね。
ちょっと違うのかもしれないけど、
オハイオ州の友達の家に行ったとき、
同時多発テロで帰れなくなって、延泊することになった私達を
友人家族がアーミッシュの村に連れて行ってくれました。
気持ちがどよ〜んとなっていたからあまり覚えてませんが、
もっとゆっくり見てみたかったです。

| chiko*pippi | 2016/07/21 08:06 | URL |

chiko*pippiさん
あの事件の時に、アメリカに行ったんですね。
怖かったでしょう。
今でもあの日、自分がどこで何をしていてあの事件を
知ったかをみんなの話の中ででる時があります。
みんな、あの瞬間を鮮明に覚えています。

オハイオ州にもアーミッシュ村があるんですね。
わたしも行ってみたいです。
化石燃料に頼らない生活で、その自立はすごいものですよね。わたし達には、見習わなくてはならないとこばっかですよね。

| ハチママ | 2016/07/21 22:39 | URL |

私も、カナダのバンクーバーに行った時に、車で走ってると
同じ様なネィテブの人達の居住地がありましたよ。
そして市場に行くとネィテブの人がお店を出していましたが
その人を見て私も、アイヌの人に似てるな~と思いました。
民族衣装も何処かアイヌのそれと似てる気がします。

アイヌの人達も差別と偏見、色々あって今も頑張って生きてるんだろうな~と思います。
世界中のネィテブの人達もそうなんだろうなと思いをはせました。
私はハチママさんのこういうブログ記事にとても興味があり
知らない世界をたくさん紹介してくれるので大好きです。
今後も楽しみにしてますよー

| わんこ | 2016/07/22 19:54 | URL |

わんこさん
わんこさんは、カナダでネイティブカネディアンの人に合う経験をされたんですね。
そう、カナダ・アメリカ沿岸沿いの方は、アイヌの人に似ています。北海道からアリューシャン列島を移動してきた人々ですよね。きっと遠い遠い親戚だと思います。
わたしも同じことを思います。
マイノリティーのアボリジニの人々は
端へ端へと追いやられ、嫌な事を政治的にも
押し付けられ生活されているのだなと思います。

日本のメディアは海外の薄っぺらな一面だけを
取り上げる傾向があるので、なるべく生活の中に
あるものを取り上げてみてます。
そう言って頂けるとうれしいです。

| ハチママ | 2016/07/23 07:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogshibahachi.blog21.fc2.com/tb.php/640-ae851ccf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT