FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

みんなありがとう。

シアトル 雨  8℃ / 6℃


早咲きの桜が咲いてきました。
126201.png

みなさん、ハチの事を心配してくれてたくさんの
ご自身の経験などをコメントに残していってくださって
ありがとうございました。

ハチ、安らかに眠りにつきました。

ブログの中では、過去のハチの状況を詳しく書いてなかった
ので、突然安楽死を決定して眠らせたと感じた方も
いらっしゃったかもしれません。

2018年頃から、不安症のような行動が出始めてました。
自分のベッドから上がったり下りたり、地面をずっと掘る行動など。
後ろ足を噛む行動、毛をむしるなど。

小さい夜鳴きは、2019年に始まり、時々おしっこが
コントロールできなくなってきてました。
毎晩夜中2時ごろくぅくぅ泣くので、外に出してやりおしっこと
ウンチをさせて、エサをちょっと与えれば、納得して
静かに朝までいてました。

12月に入り、夜は3時間ごとぐらいに鳴きだして
エサやったり、コングのおやつでごまかしたり、外に
おしっこに連れ出したりとしてました。
この頃から、夕方も落ち着きなくワンワンいうようになって
きました。

1月に入り、夜中は、ほとんど寝なくなってきてました。
鳴き方も悲鳴のような感じになってきました。
エサをやって外に連れ出して、1時間ほどするとまた
ワンワン鳴き始めるという繰り返しでした。
お昼も、徘徊している途中で壁にむかってわんわん
鳴き続ける症状もでてきました。

不安を和らげるサプリメントは、コメントをくださった方が
教えてくれた「Zylkene」を飲ませたり、「メラトニン」
「ヘンプ(大麻草)」やビタミンB1が入っている犬のサプリメント
などやってみましたが、状況は変わらず
獣医さんに頼んで、抗うつ剤を処方してもらいました。

「トラゾドン」という抗うつ剤と関節炎の痛み止め
「ガバペンチン」を処方してもらいました。

トラゾドンは、3時間ほどは最初は寝てました。
そこから、排泄のコントロールが効かなくなるのか
夜中、わんわん言いながら、ウンチをするように
なりました。
そのうち、また1時間ごとぐらいに、フラフラになりながら
徘徊とワンワンが始まりました。

そのような状況が続き、わたしは、もうこの辺までかなと
思い始めました。

この状態を獣医さんに相談すれば
薬の増量になると思います。
おむつをして薬でわめきを抑えて
一日中、ぼーっとさせる生活は
果たして、ハチにとっていいものか。

ハチは、見た目毛並みもまだ綺麗ですし
写真では、全然元気に見えます。
でも、もう自分で何もコントロールできない状態で
生かしておく方が酷だと思いました。

辛い決断でしたが、あのままの状況でよくなる
事はないと思います。

若い女の獣医さんが家まで来てくれて
これまでのハチの状況を説明します。
その状況で、獣医さんが納得して
処置に当たります。

静かに眠るように逝きました。

このブログで安楽死というのをあえて
書いてみました。
反対する方もいます。
その考えもわかります。
いろんな状況、環境がある中でいろんな考えを
受け入れる事も大切な事だと学びました。

日本では、なぜか「悪い事」のように思われている
傾向があるように感じます。

アメリカ人がさっさと安楽死を決断すると
誤解もしないでほしいと思っています。

どの飼い主も、最終の決断を辛い思いを
しているということも。

辛い決断を写真集にしたカメラマンもいます。
何かの参考になればいいかと
リンクしておきます。
愛するペットと悲しい別れ

安楽死という難しい話にもっとたくさんの
反対意見が出てくるかと覚悟してました。

みなさんの貴重な経験をたくさん書いて頂いて
とても参考になり、励まされ、背中を押され
決断することができました。

ほんとうに、ありがとうございました。

ちょっとの間、めそめそしていると
思いますが、また元気がでたら更新続けて
いきたいと思っています。

ほんとうにありがとう。

IMG_3056_20200127025418ad3.jpg

IMG_3058_20200127025424937.jpg
スポンサーサイト



| 未分類 | 03:00 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 11:52 | |

ハチ君もハチママと過ごして、とても幸せな生涯だったと思います。

安楽死という難しい問題をシェアしてくださってありがとうございます。犬の安楽死について考える機会はこれからもっと必要だとおもうので、ハチママさんの勇気、強さとやさしさを感じました。

最後、穏やかに逝けたことはとても自然なことなんじゃないかなぁと思います。

ハチ君、RIP

| Coco | 2020/01/27 12:40 | URL | ≫ EDIT

そうですか。ハチ君、お疲れさまでした。天国から、ハチママさん、ハチパパさんに、「オレはもう大丈夫だ。長い間、ありがとう。これからも見守っていくぞ。」ってエールを送っていると思います。

大変難しい決断だったと思います。心が壊れそうに感じたことでしょう。今は泣いたっていいんです。それで、時々笑って「あの時、こうだったね、ああだったね。」と思い出してあげるのが一番の供養だと思います。うちの柴様も今年15歳になります。今の一時、一時を大事に過ごしたいと思います。

| チャチャ丸 | 2020/01/27 14:56 | URL |

ハチ君、旅立ったのですね
長い間、優しいハチママさんと暮らしたハチ君、
幸せな幸せな日々でしたね。


ハチ君。
きれいなお花畑で遊んでいるのね。
お母さんの心のように優しくきれいなお花がいっぱいですね。

ずっと前、ほら真っ青に澄んだ海のそば、
オリンピック山脈が見えるところで、
ハチ君のお散歩姿、かっこよかったね。
海の青とハチ君の茶色の毛が、とってもマッチしてました。
いまはお空の上からお母さんやお父さんを見守ってるのですね。
これからもずっとね。

| ヨモギ | 2020/01/27 15:18 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 15:39 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 16:26 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 18:34 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 20:47 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/01/27 20:57 | |

お疲れさまでした

ハチ君 旅立ったんですね。
お疲れさまでした。
もう苦しくないよね。

辛い思いはハチママさんが一番したと思います。
ハチ君が安らかに旅立ったのなら
とてもよかったです。
読みながら涙がとまりませんでした。

さぶちゃんを迎えるきっかけになったハチ君
ブログでシアトルの楽しい様子を伝えてくれたハチ君
君のことは忘れないよ ありがとう!
これからは空の上からみんなを見守っていてください。

ハチママさん 
おつらいのに報告ありがとうございました。



| ゆこぴ | 2020/01/27 22:18 | URL | ≫ EDIT

ハチくん、ありがとう。
いつもハチくんに癒されていました。
お空で元気いっぱい走っているといいな。


ハチママさんのご決断、大変辛かったと思います。
ハチくんを1番愛しているのはハチママさんだから、ご決断について批判があっても気にする必要はないと思います。


これまでブログを拝見させていただいていましたが、コメントもせず申し訳ございませんでした。


ハチママさん、これからも応援しています。

| おかか | 2020/01/27 22:35 | URL |

ハチくんのご冥福をお祈りいたします。

ハチくんのことは撫でたことはないけれど、日向と土と草の良い匂いがしていたのでしょうね。


| 柴田と柴次郎と小菅 | 2020/01/28 22:56 | URL | ≫ EDIT

ハチ君ありがとう

ハチ君が四歳くらいの時から、勝手に自分ちの子の様に楽しみにブログを拝見していました。
ハチ君の可愛い笑顔に幸せをもらっていました。
本当に本当にありがとう。

| SATOSHI | 2020/01/29 02:20 | URL | ≫ EDIT

メグさん
ありがとうございます。
共感していただけるだけで、救われる思いです。
そうですね、あまりにも重い気持ちが続けば
足を運んでみたいと思います。そうゆう場所が
ある事を教えてくださってありがとうございます。
何かあればそこに行けばいいんだと心強い
気持ちになりました。本当にありがとうございました。

Cocoさん
暖かいお言葉ありがとうございます。
安楽死というイメージがとても悪い事のように
思われている所も文化の違いでしょうか。
わたしも最初は、考えられませんでしたが
日本人はどこかで死を避けている感覚も感じました。
アメリカと日本でこれほど考えの違いがあるのは
この事が一番なんなんじゃないかと思いました。
ブログまた見にいきます。
コメントありがとうございました。

チャチャ丸さん
ありがとうございます。
今は、ぼぉとしています。
悲しい、辛い、寂しいですが
あのままが続くのはハチにとってもっと辛いと思うので
これでよかったのだと思います。
今年15歳になる柴様、ゆっくり大切に
過ごしてくださいね。コメント本当に
ありがとうございました。

ヨモギさん
ありがとうございます。
そうです、わたしも青い海をバックに
茶色いハチの写真が好きでした。
お散歩が大好きであちこちの公園に連れて
行きました。そうですね、日本も世間に気を
使わずにペットの最後はいろんな選択がもっと
気軽にできればいいと思います。
暖かいお言葉をコメントして残して頂き
ありがとうございました。

ちいさん
そうですか、、年末、お辛い思いをされていたんですね。
別れは本当に辛いですね。
でもそうやって言って頂けると、ハチもわたしも
救われる思いがします。
本当に暖かいコメント、並びに愛情あふれる
ハチの絵を書いて頂いてありがとうございました。

お名前なかった方
ありがとうございました。
最後は本当に可哀そうなほど、
鳴いて鳴いて、、、、。
でもあれが寿命だったんだと思います。
14年、それまでは健康で生きてくれて
感謝しかありません。
コメントありがとうございました。

しゅうやんさん
しゅうくん、ありがとう。
そうだね、今頃しゅうくんにも会って
一緒にお花畑を走りまわっているでしょうね。
ちょっと気難しい性格ですが、よろしくね。
しゅうやんさん、ありがとうございました。
ほんとただの柴犬飼いというだけで
海を渡ってお話ができるなんて
とても嬉しかったです。
そうですね、元気がでたらまた違う形で
シアトルの事を紹介できたらいいですね。
本当にコメントたくさんありがとうございました。

アートさん
ありがとうございます。
そうですか、去年辛い思いをされたのですね。
どの子もいなくなると寂しいですよね。
わかります、いつまでも一緒にいたい、、
ほんとそうですね。でも、ハチも気がつけば
14歳で「あ、そっか、もう寿命の年なんだ、、」と
安楽死の決断は本当に難しい、辛いです。
でもわたしは、この辛さもペットを飼う責任の
一部なんだと理解しています。ミッツの事も
覚えてくれたいたんですね。心暖かいコメントありがとうございます。

ゆこぴさん
ありがとうございます。
ゆこぴさんも去年はいろいろ大変で悲しい思いも
されて、でも頑張られましたね。
さぶちゃんを迎えられた時、ちょっとハチの小さい頃に似ていたので、もうメロメロになりました。
本当に、かわいかった!たくさん、いろんな場所へ
行って思い出作りをしてください。
わたしは、今、ハチをキャンプへたくさん行った事などがとてもいい思い出になっています。
遠出もしました、サンフランシスコまで行きました。ほんといい思い出です。
これからも、さぶちゃんのかわいい姿、楽しみにしています。今までたくさんのコメントも
ありがとうございました。

おかかさん
コメントありがとうございます。
わたしのブログなんて5.6人ぐらいしか見てないと
思ってましたが、結構見ていてくださって
嬉しいです。暖かいお言葉もありがとうございます。
辛い決断でしたが、この責任も飼い主が背負っていくものだと思っています。
またちがった形でシアトルの生活などを紹介できる
よう考えています。
応援なんて、、ほんとお気持ち嬉しいです。
ありがとうございました。

柴田と柴次郎と小菅さん
ありがとうございました。
いろいろアドバイスもくださったことも
感謝しています。
そうですね、頭に顔をうずめると
日向と土と草の匂いがしました。
ちょっと犬臭い匂いが恋しいです。
ときどきコメント入れてくださってありがとう
ございました。

SATOSHIさん
そうですか、、ブログを始めた頃ぐらいから
見てくださっていたんですね。(泣)
わたしのブログなんて数人ぐらいのブロ友さん
ぐらいしか見てないと思っていました。
こんなに知らない方に見てもらっていたら
もっとかわいい写真を出してやればよかったですね。暖かいコメントありがとうございました。
そう言ってもらえてハチも幸せです。


| ハチママ | 2020/01/29 10:03 | URL |

ずっと前から楽しくブログをひっそりと拝見させていただいておりました。何度か訪れたシアトルの情報だったり、我が家も柴犬を飼っているので、毎週ハチママさんのブログを開くのが日課になっておりました。
私も小さい頃から一緒に育った愛犬が亡くなった時の喪失感は重く、今でも当時のことを思うと泣いてしまいます。ハチママさんは楽しくハチくんと過ごして、愛されていたんだなぁと伝わって、ほっこりしていました。すごく辛い中、ブログに書いてくださってありがとうございました。 

| 虎のママ | 2020/01/29 19:53 | URL |

おつかれさまでした。有難う。

こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。今までハチくんのブログを有難うございました。

私は結婚してからは、ペットを飼ったことがないのでコメントも恐縮ですが、ママ達は充分ハチくんに良くしてさしあげたと思います。思い巡らしながら決断していく日々のなんとお辛かったことでしょうか。大変なことと思います。お察し致します。

今までずっと、家族として可愛いがって来られた御家族が、決められた大事を誰も何も言えないと思います。

また元気だったハチ君とのお話をアップ出来ますように、今はハチ君とゆっくり過ごしてください。ハチ君もきっと「早く肉くれ🍖!肉だぞ」と言ってると思います。それではお身体を大切に。。。

| kirariko | 2020/01/30 10:17 | URL |

虎のママさん
そうですか、前からひっそり、、
シアトルに来られた事あるんですね。
今回コメント残して頂いてありがとうございます。
柴犬飼ってらっしゃるんですね。
愛犬を亡くす事はほんと辛いですよね。
ハチは柴犬らしく、普段は全然寄ってこなかったし
クールな関係だったと思うんですが
やはりいなくなると寂しいばかりですね。
でも海外生活で寂しい事もある中
そばに居てくれるだけで、心の支えになって
いてくれたんだと、今凄く思います。
飼い主がいつか通る辛い道ですが
こうゆう決断もあるんだと知ってほしいと
思い、正直に気持ちを書きました。
ありがとうございました。

Kirarikoさん
こんにちは。こちらこそ、こんな小さな
ブログを見て頂いてありがとうございました。
もっとハチの事、書けばよかった。
わたしなりに、ベストは尽くしたと思います。
至らない飼い主だったかもしれませんが。
13歳ぐらまでは、全く病気なしの健康な
犬でしたので、感謝でいっぱいです。
最後の日は、お肉を焼いてあげました。
美味しそうに、パクパク食べていました。
心配して頂いて本当にありがとうございました。

| ハチママ | 2020/01/31 07:31 | URL |

ハチ君の写真、使わせてくださいね。
ハチ君、最後に念願のお肉食べられてよかったね。

| しゅうやん | 2020/02/02 13:33 | URL |

しゅうやんさん
もちろん。写真アップしてくれてありがとうございます。

| ハチママ | 2020/02/03 08:04 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/02/06 10:27 | |

ティンカーベルさん
コメントありがとうございます。
こんなに早くお別れがやってくるとは思ってません
でしたが、気がつけば、もうそうゆう年になって
いたんだとあらためて気づいた感じです。
辛い決断でしたが、飼い主の責任として自分の飼い犬のベストになる方向で考えました。
文化の違いで迷い、揺れ動く気持ちもありましたが
ハチを一番知っているのは、あたしなので
わたしの判断で間違いないと強く思うようにしました。
Dog's Purpose 数年前、見ました。

いい映画でしたね。わたしも犬が大好きなので
実家の亡くなった犬の事など、いろいろ思い出しながら見ました。
トトジョージくん、立派な成犬になりましたね。
これからも楽しみにしています。
暖かいコメント本当にありがとうございました。

| ハチママ | 2020/02/10 01:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogshibahachi.blog21.fc2.com/tb.php/881-26aab7fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT