FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハチを飼ったいきさつ

シアトル 曇りときどき晴れ間  6℃/ 4℃

雨の合間をぬって公園まで散歩

いつもは、黄色い被写体でぐっと引き締まるのが
ただの景色でつまんないですね。
IMG_4796.jpg

さて、今回はハチを飼ったいきさつを話してみたいと思います。

きっと、みなさんも犬や猫を飼う前にいろんな物語が
あるかと思います。

14年前、わたしは元気がありませんでした。
突発性難聴で片耳の聴力を失い、
やっと始めたガーデニングの仕事も休まざる負えず
同時に、両親が相次いで脳梗塞で倒れたりして
わたし自身も子供が欲しかったけど授からず。

悲しい時期でした。

そんなわたしを元気づけようと、夫が言い出しました。
「犬、飼う?」

犬の世話の大変さも知っているので
すぐには、考えられませんでしたが
夫が柴犬のブリーダーを探してきました。

かわまい荘
という、アメリカ人の方が柴犬のブリーダーをやっているそうです。

ドッグショーなどに参加されてるようでした。
kooskia2_2008.jpg

「へー、アメリカで柴犬・・・」

あんまり、柴犬にはいい印象はなかったですが
なんとなく、同じ日本の血がかよっていて異国に住んで
心強いかな、と思い始めました。

早速、連絡して見学しに来てもいいと言われたので
車で2時間、シアトルの郊外へと行きました。

普通の民家で、敷地は広く、たくさんの柴犬がいました。
HachiMama_20200217061402008.jpg


ブリーダーの方とお話して、「この子、まだちょっと小さすぎるので、あと数週間で
受け渡しできるけどいい?」と持ってこられた子犬。

ブリーダーさんがその子犬をリビングのじゅうたんの上に
チョンと置きました。

その子犬は、私達の事は、全く興味なく、部屋の隅々をふんふん匂いを嗅いで
鏡に映った自分にわんわん吠えてました。

でも、その困った顔の小さい犬のかわいい事。
ちょっと抱っこさせてもらって、「数週間したら、また引き取りに来ます」と
約束をしました。
その時の子犬。
216201.png

それから、ペットショップに通って子犬用の首輪買ったり
あぁ、ケージがいるわ、、お椀もいるね、おもちゃも?
なんて言いながら、楽しみにその日を待っていました。

やっと、引き取りの日がやってきて
朝早くに家を出発して、ブリーダーさんの元へ行きました。

前に見た時よりも、少し大きくなっていました。
216202.png

買っておいた首輪をつけて、膝の上にのせて帰りました。

道中、公園に寄っておしっこさせて少しウロウロ歩きましたが
初めてつけるリードが気になったのか、噛んでいましたね。

さて、ここが初めての正念場です。

うちには、猫のミッツがいます。
どうなることやら、、とまぁ、様子を見ることにしました。

玄関のドアを開けると、ミッツが私達の帰りを
いつものように待っていました。
そこへ、子犬を静かにおろし、様子を見ました。

子犬は、好奇心旺盛でどんどんミッツに近づいて行きます。
ミッツは、びっくりして・・・・・・

ねこパーンチ!パンパン!

子犬は、鼻をパンパンされて「キャン!!」と鳴きました。

びっくりしたと思います。
どちらとも。

その後は、ハチはミッツのやる事をいろいろ
真似しているようでした。
ネコタワーに入ってみたり
219201.png

ネコタワーで寝たり
Hachi21ws 095

ミッツみたいに登ってみたり
Hachi21ws 036

一緒に暖をとったり
Hachi21ws 092

登れなかった窓にも、登れるようになってきた頃。
Hachi21ws 032


名前もいろいろアメリカ風に「マックスとかトビーとかチャーリーとか」
考えたんですが、どう見てもマックスではないですよね。
Hachi 13ws 012

と、いうことでハチ公様にあやかって
末広がりのハチと命名しました。

みなさんもはじめてお家に犬や猫が来た日の
いろんな物語があるのだと思います。
忘れられない思い出ですね。



スポンサーサイト



| 未分類 | 00:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

縁ですね~

そんないきさつがあったんですね。
アメリカはペットショップがないって聞いたので
やはりブリーダーさんからですか。
待っている間のウキウキドキドキは一緒です!
そうか 先住猫でミッツがいたんですよね。
猫タワーに登ったり楽しかったんでしょう。
仲良かったのかしら?

ハチ君 子犬のころ耳垂れで可愛い❤
さぶちゃんははじめからおきていたので
チャーミングでうらやましいです。
ハチ君の名前もステキです。
やっぱりハチ公物語は日本人にはグッときますよね~。
リチャードギアも良かったですが。
すてきな出会いの思い出 ありがとうございました。

| ゆこぴ | 2020/02/21 15:09 | URL | ≫ EDIT

ハチくんがやってきた頃のこと、懐かしい思い出ですね。小さい頃から猫といると猫のマネをするんですね。本当にハチくん可愛いです。たくさんたくさんいい思い出があるでしょうね。また素敵な思い出、紹介してください。ハチくんも楽しかったこと思い出してくれるのが、うれしいと思います。



| ティンカーベル | 2020/02/22 21:10 | URL | ≫ EDIT

ゆこぴさん
アメリカのペットショップには、犬は売ってないです。
みんなシェルターから貰うかブリーダーから買います。
ミッツとハチはあんまり仲よくなかったです。
ハチが成長してミッツより大きくなったら
分けて生活してました。
みんな初めての日はどきどきわくわくですね。
わたしもさぶちゃんが来た日は、どきどきしましたよ。
かわいかったー、さぶちゃん。

ティンカーベルさん
ほんと14年というものは、あっという間ですね。
自分でも驚いている所です。
ハチが時間の早さを教えてくれた
気分です。
「これからの時間、しっかり大切に使うんだぞ」って。

| ハチママ | 2020/02/23 04:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogshibahachi.blog21.fc2.com/tb.php/886-ae18a113

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT